トップページ(健診結果の見方)胸部レントゲン:陥りやすい病気
胸部レントゲン
胸部レントゲンの有所見率について

陥りやすい病気

  • 正常な細胞が機能を失い、がん細胞が無秩序に増えることにより発生します。
    がんは周囲の組織や器官を破壊して増殖しながら他の臓器に拡がります。

    症状

    咳や胸痛、呼吸時のゼーゼー音、息切れ、血痰、声のかれ、体重減少など

    ※肺門型の肺がんは、早期から咳、痰、血痰などの症状が出現しやすいですが、肺野型の肺がんは、がんが小さいうちは症状が出にくい傾向があります。

    治療法

    放射線治療や化学療法、肺切除や摘出などの外科手術です。
    治療に要する期間は、一概には言えませんが2週間~6ヶ月程度になります。
    病気の程度にもよりますが、通院治療をしたり、定期フォローをしながら、仕事をすることも可能です。
  • .
  • 最高血圧179以上最低血圧109以上
    結核菌が体の中に入ることによって起こる病気です。
    結核菌が肺の内部で増えて、肺が壊れ、呼吸する力が低下します。
    肺以外の臓器が冒されることもあります。

    症状

    せき、痰、発熱などの症状が長く続きます。体重が減る、食欲がない、寝汗をかく、などの症状もあります。

    治療法

    6ヶ月間は抗結核薬の内服が必要です。
    入院期間は、他の人に感染をさせない状態が確認されるまでになり、70日程度です。
    退院すれば、以前と変わらず仕事をすることが可能です。
  • .
  • 最高血圧179以上最低血圧109以上
    酸素と二酸化炭素を交換する組織である肺胞が拡張し、破壊される病気です。
    肺がうまく収縮できず、呼吸困難を引き起こします。

    症状

    息切れ、咳、痰、痩せ

    治療法

    COPDは、いったん発病すると治療法はありません。
    一度壊れた肺胞は元に戻らないので、肺胞が破壊される前に、原因と考えられている喫煙をやめることが重要です。