トップページ(健診結果の見方)身体測定:陥りやすい病気
中性脂肪

陥りやすい病気

  • 脳に酸素や栄養を送っている脳の血管の障害です。
    血液が脳の先まで行かないので、脳の働きに支障が生じます。 脳卒中には、「脳の血管が詰まる脳梗塞」「脳の血管が破れる脳出血」「脳の血管に出来たコブが破れるクモ膜下出血」があり、 最も多いのは脳梗塞です。
    脳卒中の死亡率は高く、3割程度の方が亡くなってしまいます。また、発症後1年間は3割~5割の方が介助が必要な状態になり、 仕事を辞めなければいけないだけでなく、家族やヘルパーさんなどによる介護がないと日常生活が送れなくなります。


    症状

    脳梗塞・・・言葉がでにくい、ろれつが回らない、手足のしびれ
    脳出血・・・昏睡状態、半身麻痺
    クモ膜下出血・・・頭を金槌でたたかれるような激しい痛み、悪心、嘔吐

    <脳卒中の前兆>


    治療法

    手術療法
    一番多い治療法です。頭蓋骨に穴を開け、出血があったり血管が詰まった部分の治療を行います。

    血管内治療
    太ももの血管から細いカテーテルという管を入れ、詰まった脳の血管を広げる治療です。

    薬剤治療
    脳の血管を詰まらせた血栓(血液が固まったもの)を溶かす薬や、出血で脳が圧迫されるのを防ぐ薬を使用します。
  • .
  • 最高血圧179以上最低血圧109以上
    心臓を動かす筋肉に酸素や栄養を送っている冠動脈という太い血管の障害です。
    心臓病の約8割は、「冠動脈の血流が悪くなる狭心症」「冠動脈の血管が詰まる心筋梗塞」です。
    ※心不全の原因で最も多いのは心筋梗塞です。 心筋梗塞はある日突然発症し、最悪の場合は命を落としてしまう危険がある病気です。

    症状

    狭心症→強い胸の痛み、締め付けられる感じ 
    心筋梗塞→持続する激しい胸の痛み(※胸からあご・背中・左腕に広がる)・呼吸困難・意識消失



    治療法

    血管内治療
    一番多い治療法です。太ももや腕の血管から細いカテーテルという管を入れ、詰まった心臓の血管を広げる治療です。

    手術療法
    心臓の詰まった部分に、体の他の部分からとってきた血管をつないで、血液を通します。

    薬剤治療

    心臓の血管を詰まらせた血栓(血液が固まったもの)を溶かす薬を使用します。 狭心症の初期の場合は、血管を広げる薬で治療します。