トップページ(健診結果の見方)尿酸:あなたの値について
尿酸

尿酸の値について

  • リスク高
    先延ばしにせず、少なくとも今週中には病院を受診してください!
    このレベルは、受診後、すぐに薬の服用が始まります。
    痛風発作が起きる可能性が非常に高く、夜も眠れない程の激しい痛みが数日続きます。
    腎障害や尿路結石などのリスクも高まり、糖尿病や高血圧・脂質異常症がある場合は、心筋梗塞などを引き起こす可能性があります。

    陥りやすい病気

    脳卒中 肝硬変 慢性腎臓病
    メインとなる保健指導
  • .
  • リスク中
    最高血圧179以上最低血圧109以上
    尿酸値のほかに糖尿病や高血圧・脂質異常賞がある場合は、リスク高と同じようにすぐにお薬が処方されるレベルです。
    痛風発作が起きる可能性が高い状態ですので、仕事や日常生活に大きな支障が出る前に受診しましょう。

    再検査の指示を無視して放置していると…

    数値が高い状態を放置していると血液中に溶けきれない程増えた尿酸が結晶化します。
    この結晶が体の様々な部位に沈着して痛風発作を引き起こし、「想像できないくらい激しい痛み」が突然起こります!!
    痛風発作が起きていなくても、この状態を放置しておくと、 3年後には約5人に1人に何らかの腎障害を引き起こすといわれています。
    また、脳卒中や狭心症等の発症率もグンと高くなると言われています。


    メインとなる保健指導
  • .
  • リスク低
    最高血圧159以上最低血圧99以上
    受診をしてもすぐに薬を処方されることはなく、生活・食事指導での改善を指導されるレベルです。
    血液中では、尿酸は7mg/dl までしか溶けることができないので、それ以上は結晶になり関節周囲に溜まっていきます。 症状がなくても生活改善が必要です。
    生活・食事指導については、下記の『生活習慣の改善ポイント』を参考にしてみてください。

    生活習慣の改善ポイント(クリックで詳細ページへ)

    食事 運動 節酒 禁煙