トップページ(健診結果の見方)肝機能:肝機能Q&A
肝機能
肝機能の有所見率について

肝機能Q&A

    ▼病気・症状・原因についての質問

  • 脂肪肝だと、全ての数値が上がりますか?
    脂肪肝の目安となるのは、GOTとGPTの値です。
    とくに、GOTよりもGPTのほうが高くなる傾向があります。さらに、肝機能以外の数値では、中性脂肪やコレステロールなどの値が高くなります。
    ただし、アルコール性脂肪肝の場合には、GPTよりもGOTの方が高くなり、γ-GTPも高くなります。
  • お酒をほとんど飲まないのにγ-GTP値が高い…。なぜ?
    軽度の異常(γ-GTP100未満)であれば、脂肪肝の可能性があります。
    中等度以上(γ-GTP100以上)の異常であれば、肝臓病や胆道系の疾患の可能性もあるので病院を受診しましょう。
  • GPTだけ他と比べて高いです。考えられる原因は?
    GOTは肝臓以外の臓器にも含まれる酵素であるのに対して、GPTはほとんどが肝臓にある酵素です。
    そのためGPTのみが高い場合には、肝臓そのものに障害があることが疑われます。脂肪肝を含む、肝臓の病気の可能性がありますので、病院で精密検査を受けましょう。
  • 激しい運動をすることでも肝機能の数値は上がるの?
    肝機能の数値であるGOTは、肝臓のみでなく筋肉にも含まれる酵素です。
    そのため、激しい運動で筋肉の組織を傷つけると、肝機能の数値(とくにGOT)が上がることがあります。
    これは、風邪などの発熱で筋肉痛になっている際にも、肝機能の数値が上がることがあります。
    筋肉の炎症が原因の場合には、同時にCPKという酵素の値も上がります。
  • 肝機能が悪いと肌に影響出ますか?
    肝機能が悪い時に、皮膚に出る異常としては以下があります。
    ★じん麻疹や痒み
    肝機能障害で胆汁酸の分泌が増加することでおこります。
    ★黄疸
    血中のビリルビン値が上昇すると、皮膚や眼球結膜(白眼の部分)が黄色くなります。
    ★爪の変色と変形
    肝硬変が進行すると爪が白くなり、変形することがあります。 いずれも、皮膚に影響が出るようであれば、肝機能の障害はかなり進んでいると考えられるので、必ず受診しましょう。
  • どの値も基準値を超えているけど何も自覚症状無いよ?
    肝臓は、「沈黙の臓器」と言われています。
    相当に肝機能障害が進まなければ、自覚症状は基本的に現れません。
    自覚症状が無いからと放置していると、取り返しがつかないこともあります。
    GOT・GPT・γ-GTPの2つ以上が基準値を超えている方は、受診して原因を調べましょう。
  • ▼食事・生活習慣についての質問

  • 肝臓にいい食べ物ってなに?
    肝臓に良い食品には以下のものがあります。
    しじみ・ホタテなど(アラニン) 肝臓酵素のエネルギーになります。
    カキ・たこなどの魚介類(タウリン)   弱った肝臓の胆汁生産をたすけてくれます。
    肉・魚・乳製品・大豆など(良質のたんぱく質)  肝臓の痛んだ細胞を修復します。
    ただし、既に肝臓病を発症している方には、向かない食品もありますので、治療中の方は医師に相談してください。
  • 食生活で心がけるべきことは?
    脂肪肝の場合は、飲みすぎ食べすぎが大きな原因です。
    ごはんやパンなどの炭水化物や甘いものをとりすぎないことや、油料理を控えるなど、適切なカロリー摂取が大切です。また、肝機能が正常化するまでは禁酒が大原則です。
  • 数値が下がったら、またお酒を飲んでも平気?
    禁酒で数値が下がる脂肪肝の場合は、適量を守れるのであれば飲酒してもかまいません。
    アルコール性肝炎の場合、禁酒で数値が下がっても、また飲酒を再開すると肝炎が重症化したり肝硬変に移行する可能性が高いので、禁酒が必要です。
  • 節酒でなく、禁酒しなければだめ?
    肝機能の数値であるGOT・GPTが60、γ-GTPが100を超えている場合には、すぐに禁酒が必要と考えられます。
    それ以外の方は、1日のアルコール量を1合以下にし、週に2日以上はアルコールを飲まない休肝日を作るようにしましょう。
  • 休肝日って効果ある?
    毎日アルコールを飲んでいると、肝臓に常に負担がかかっている状態なので、休肝日は肝臓の回復に効果的です。
    またアルコールを飲まない日が、週に2日以下の人は、週に5日以上の人に比べて、死亡リスクが1.5倍という報告があります。
  • ▼薬・検査についての質問

  • サプリメントは肝臓に悪い?
    薬剤の使用が原因で肝機能障害になることがあります。
    これは、薬の成分に対するアレルギー反応が原因です。
    サプリメントも薬の一種であり、成分によっては肝臓に障害を起こす場合があります。肝臓の数値が急に上がった場合などは、服用しているサプリメントの影響も考える必要があります。