トップページ(健診結果の見方)血液検査:血液検査Q&A
赤血球
血液検査の有所見率について

血液検査Q&A

    ▼病気・症状・原因についての質問

  • 貧血って別に治さなくても命に関わらないよね?
    貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが減少している状態です。
    赤血球やヘモグロビンには、全身に酸素を送り届けるという大切な役割があります。そのため、貧血になると全身の細胞に酸素を送り届けることが出来なくなり、心臓がさらに血液を送り出そうとオーバーワークになり、心不全や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。
  • 赤血球が多いとどうなるの?
    赤血球は血液中の固形成分なので、多くなりすぎると血液がドロドロになります。赤血球が増加する病気を多血症といい、多血症になると頭痛や顔面の紅潮などの症状があらわれます。
    また血栓が出来やすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。
  • 血色素数、赤血球数、どちらかが基準値内でも貧血になるの?
    血色素とは1個の赤血球の中に酸素を運ぶ働きがあるヘモグロビンがどれだけ含まれているかということ。 赤血球がたくさんあってもその中のヘモグロビン量が少なければ酸素を体に運ぶことは出来ません。 また赤血球の数自体が少なくても体中に酸素を届けられません。
    つまりどちらか一方が基準値内でも、もう一方が足りていなければ貧血になってしまうということです。
  • 低血圧と貧血は違うの?
    低血圧と貧血は違います。
    立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります。
    貧血は、血液成分の赤血球やヘモグロビンが少ない状態で、低血圧を合併していることもあれば、心臓に負荷がかかり高血圧になっている場合もあります。
  • 自覚症状のない貧血状態は放っておいて平気?
    貧血はある程度数値が下がるまでは自覚症状は現れません。
    他に原因の無い貧血の場合には、自覚症状が出てから治療をすることもありますが、まれに貧血と思っていたら白血病だったという例もあり、そのほか肝臓疾患や婦人科疾患、消化管潰瘍などが原因の場合もありますので、自分で判断せずに受診して貧血の原因を調べてもらいましょう。
  • 立ち眩みがするので貧血だと思うのですが、血液検査では異常ありません。なぜ?
    貧血以外で、一般的な立ちくらみの原因には、起立性低血圧や迷走神経反射があります。
    それ以外に、回転性のめまいを伴う場合には、耳に疾患がある場合があり、雲の上を歩いているような浮遊感を伴う場合には、脳梗塞などが疑われる場合もありますので注意が必要です。
  • ▼食事・生活習慣についての質問

  • レバー嫌いです…。他にいい食べ物はありますか?
    レバーのほかにも鉄分が多い食品はたくさん!食事のとり方、内容などいろいろ工夫してみてください。魚や牛肉、豚肉、鶏肉にはヘム鉄といって体に吸収されやすい鉄分が多く含まれています。
    貝類や海草、野菜(特にほうれん草)に含まれる非ヘム鉄は体に吸収されにくいですが、ビタミンCと一緒にとることで吸収されやすくなりますよ。
  • 食事抜きって貧血に悪い?
    悪いです!貧血の原因で最も多いのは鉄分不足です。
    食事を抜くと食事から鉄分をとることが出来なくなってしまいます。バランスの取れた食事を1日3回きちんととるようにしましょう。
  • ▼薬・検査についての質問

  • 水の飲み過ぎで血液検査の数値って下がる?
    腎機能が正常であれば、水を飲みすぎても余分な水は尿として排泄されるので、赤血球やヘモグロビンが下がり貧血になることはありません。
    しかし、逆に水分が足りずに脱水状態になると、血液が濃くなりヘモグロビンが上昇することはあります。
  • 男女で基準値が違うのは何故?
    基本的には体格の差があるために、基準値に差があると思っていただければよいと思います。
    また、検査項目によっては男性ホルモンや女性ホルモンの影響を受けるために、基準値に違いがある場合もあります。その他の理由としては、赤血球やヘモグロビンなどの基準値は、女性は毎月月経があることが影響しています。
  • 鉄剤は一生飲み続けないといけないの?
    重症の鉄欠乏性貧血の場合には、鉄剤が処方されることがありますが、一時的に集中して鉄分を補ってあげることにより、血液中の鉄分が一定レベルまで回復すれば、後は食事療法で維持することが可能な場合も多くあります。
    ただし、鉄剤の内服を中止後に貧血の再発を繰り返している方は、長期的に鉄剤を内服したほうが良い場合もあります。自己判断で中止せず、必ず医師に相談してください。
  • 鉄剤と鉄サプリは違うもの?
    鉄剤と鉄サプリは、鉄分を補充するものとしては同じです。
    しかし、鉄分の含有量や効果は違います。病院で処方される鉄剤、薬局で市販されている鉄剤、鉄サプリの順に効果は弱くなっていきます。
    軽度の鉄欠乏性貧血と診断された方で、医師に医療用の鉄剤を服用する必要がないと判断された場合は、比較的手軽に購入できる市販の鉄剤や鉄サプリを服用するのも良いと思いますが、病院で処方された鉄剤の代わりに服用することは止めましょう。
  • 血液検査の前に、食べてはいけないものはありますか?
    血液検査の前に食べてはいけない食品は特にありません。
    食事量が明らかに少なかったり、栄養のバランスが偏っていると、赤血球やヘモグロビンが減少する原因になりますので気をつけましょう。
  • ▼予防・対処法についての質問

  • 運動って貧血にいいの?悪いの?
    適度な運動は内臓機能を回復させて鉄分の吸収を高め、赤血球の生産を活発にする作用があります。しかし今まで全く運動習慣がない人がいきなり激しい運動をすると、赤血球が壊れてしまうので注意が必要です。
  • 貧血症状が出たときの対処法は?
    貧血にはめまいや立ちくらみなどの症状があります。
    急に転倒して頭を打ったり怪我をするのを防ぐために、ふらっとしたらゆっくりしゃがんで低い姿勢をとるようにしましょう。回復するのを待ってからゆっくり体を起こすようにしましょう。