トップページ(健診結果の見方)視力・視力・聴力:視力・聴力Q&A
視力

視力・聴力Q&A

    ▼視力についての質問

  • ドライアイで視力が低下する場合はありますか?
    あります。目の表面は乾くことで、傷つきやすくなります。
    眼球に傷がつくことでものが見えにくくなってしまいます。
  • よくあるPC用のメガネって効果ある?
    PC用の眼鏡は、パソコンから出ている「ブルーライト」をカットする機能 があります。
    パソコンの液晶から放たれる光は、従来のブラウン管と比べて青い光を多く含むことから 「ブルーライト」と呼ばれ、この光が目を疲労されると言われています。
    現在のところ、ブルーライトに関しては研究が始まったばかりですが、ブルーライトカット眼鏡で疲労が抑制されたという結果も出ています。今後も新しい研究結果がどんどん出てくると思われます。
  • 暗いところで作業すると視力下がるって本当?
    暗さ・明るさが視力低下に直接関係がないということが知られています。
    しかし、暗い場所で本を読むと 必要以上に本に近づいてしまい、結果的に眼精疲労となり、視力の低下に繋がる・・・ということは言えるようです。
  • デスクワークを始めてから視力の低下が激しいです。対処法はありますか?
    視力の低下は、眼精疲労によって起こります。
    目を休めることが一番大切なので、 1時間作業をしたら、10~15分は目を休めるようにしましょう。
    タイマーなどを使うのも効果的です。 また、PC画面と目の距離が40~70cmになるように設定し、少し上からPC画面を 眺めるような角度で作業をするとよいでしょう。
  • スマートフォンって目に悪いの?
    目は、近いところのものを見ると疲労します。 スマートフォンを見る場合、PCや本を見るよりも近い距離で見ることが多いため、 眼精疲労になりやすく、使用時間が長いと視力の低下を招く恐れもあります。
    なるべく目から離して見るように注意することが大切です。
  • ▼聴力についての質問

  • よく耳鳴りがするのですが、耳鳴りの主な原因はなんですか?
    年を重ねることで起こる老人性難聴、内耳の疾患であるメニエール病、突然耳が聞こえなくなる突発性難聴、長時間大音量を聞き続けることで起こる騒音性難聴などが考えられます。
    耳鳴りがする人の9割は「難聴」が認められます。一度耳鼻科を受診し、検査を受けるようにしましょう。
  • 聴力が下がる主な原因は何がありますか?
    大音量を長時間聞くことは聴力を下げる原因になってしまいます。  
    ヘッドフォンで音楽を聞く習慣がある人や工場や工事現場など騒音がする職場に勤めている方は注意が必要です。
  • 聴力低下を予防する方法はありますか?
    定期的に耳掃除をして耳の中を清潔に保つようにしましょう。  
    ヘッドフォンで長時間音楽を聞くことは避けましょう。
    かぜやウィルスに感染しないよう予防をしましょう。
  • 聴力に所見が出た場合、対処法は?
    まずは、耳鼻科で更に詳しい聴力検査を受けます。
    言葉の聴き取りや鼓膜の張り方の検査など、数種類の検査を行い、 原因にあわせた治療を行います。
    原因となる病気は聴力のリスク高の項目をご参照下さい。
  • 聴力って回復するもの?
    原因によって回復する場合としない場合があります。
    突発性難聴やメニエール病、中耳炎などで急に聴力が低下した場合、すぐに治療を始めれば聴力が戻る可能性があります。 老人性の難聴の場合は、聴力は回復しないため、補聴器の利用が必要です。
  • 検査で異常は出ないのに、聞き取れないことがよくあります。なぜですか?
    定期健康診断の聴力検査は、簡易的なものであり、正確な聴力が測れない場合があります。
    難聴が起きている耳の中の場所によっては、言葉の聴き取りが極端に悪くなることも あるので、一度耳鼻科で精密検査を受けてみてはいかがでしょうか。
    健診で見つからなかった異常が見つかる可能性もあります。