トップページ(健診結果の見方)脂質代謝:脂質代謝Q&A
HDLコレステロール
脂質代謝の有所見率について

脂質代謝Q&A

    ▼病気・症状・原因についての質問

  • コレステロールが溜まる原因はなんですか?
    余分にコレステロールをとりすぎるからです!
    コレステロールは細胞の膜やホルモンの材料になるので、ある程度は必要なのですが、過剰に摂りすぎると血管の内壁にこびりついてしまいます。
  • 悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは?
    全身にコレステロールを運ぶのがLDL(悪玉コレステロール)で、血液中のコレステロールを回収するのがHDL(善玉コレステロール)です。
    LDLが増えすぎると病気を引き起こすので、「悪玉」と呼ばれているだけで、コレステロールは細胞膜やホルモンの合成のために重要なものなのです。
  • 超悪玉コレステロールって何?
    超悪玉コレステロールとは、一般的なLDLコレステロールよりも、粒子の小さなLDLコレステロールのことです。
    この超悪玉コレステロールが多い人は、普通のLDLコレステロールが多い人よりも、3倍ほど心筋梗塞を起こす可能性が高いと言われています。
    メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の方は、この超悪玉コレステロールが増えやすいと言われています。
  • 中性脂肪が高いとなにがいけないの?
    中性脂肪が高い人は、血液がドロドロになります。
    ドロドロの血液は血管の内部にへばりつき、血管の内腔が狭くなってしまいます。ドロドロの血液が細い血管内を流れにくくなり、血液の流れが滞ると、血栓が出来やすくなります。
    血栓が出来ると脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高くなります。
  • 中性脂肪とコレステロールの違いは?
    中性脂肪とコレステロールは両方とも血液中脂質と言われるものですが、体の中での役割が違います。
    中性脂肪は、皮下脂肪などの細胞の中に蓄えられ、必要時にはエネルギーとして使われます。
    一方、コレステロールは細胞膜やホルモンの材料として使われます。
  • 中性脂肪と皮下脂肪って違うの?
    皮下脂肪は皮膚の下についている脂肪で、皮膚を摘んで掴めるのが皮下脂肪です。
    中性脂肪は、皮下脂肪の中にも蓄えられていますが、血液中にも多く含まれており、血液検査などで調べているのは、この血液中の脂肪です。
  • 脂質異常症が動脈硬化を引き起こす仕組みって?
    血液中の中性脂肪が増えると、悪玉のLDLコレステロールが増え、善玉のHDLコレステロールは減ります。LDLは活性酸素に酸化されて血管の内部に入り蓄積され、血管の内腔を狭め、動脈硬化を引き起こします。
  • ▼食事・生活習慣についての質問

  • 卵のLDLコレステロールについて教えてください。
    食事に含まれるコレステロールの中には、HDLとLDLの区別はありません。
    体内に吸収された後、結合するたんぱく質の違いでLDLとHDLに分けられます。
    卵をたくさん食べたからといってLDLコレステロールだけが上昇するわけではないのです。
  • 中性脂肪とタバコは関係ある?
    タバコを吸うと中性脂肪は高くなる傾向にあります。
    これは、タバコの成分が血液の流れを悪くさせ、血管を収縮させるため、代謝が悪くなり中性脂肪が血液中にとどまってしまうためと考えられています。
  • コレステロールを下げると謳っている油や調味料って本当に効果あるの?
    『特定保健用食品(トクホ)』や『栄養機能食品』などの表示があると思います。
    この2つは、大きな違いがあります。
    『特定保健用食品』は、厚生労働省が化学的根拠や有効性を認めた食品にのみ表示されます。
    『栄養機能食品』は、科学的な根拠が明確ではありません。
    さらに、これらの食品は「これさえ使っていれば、他は何を食べても大丈夫」というものではありません。食事療法の補助的なものと考えましょう。
  • ▼薬・検査についての質問

  • 総コレステロール値ってどういう値?
    総コレステロールとは、血液中に含まれるすべてのコレステロールのことです。
    善玉のHDLコレステロールも悪玉のLDLコレステロールも含まれますし、それ以外に中性脂肪の一部も含まれます。
    大切なのは、どのようなコレステロールが多いのかなので、健康診断の結果では総コレステロールよりも、HDL・LDLコレステロールや中性脂肪の値に注目しましょう。
    ※LDLコレステロールを測定していない場合には、以下のような計算方法もあります。
    LDLコレステロール = 総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)
  • 薬飲んでれば食生活改めなくても平気?
    そんなことはありません。食事・運動療法が基本です。
    薬の内服は、この食事・運動療法を3ヶ月以上行っても効果がない場合に導入されますが、継続して、食事・運動療法は必要です。
  • ▼予防・対処法についての質問

  • 痩せているのに脂質異常症と言われました。原因と対処法は?
    原因は3つ考えられます。
    ★家族性高コレステロール血症の場合。
    コレステロールが高いのは体質であり、食事の影響ではないため、痩せていてもコレステロールが高くなる場合があります。家族や親戚にコレステロールが高い人がいる場合は、医師に相談し出来るだけ早く治療を開始しましょう。
    ★コレステロールを多く含む食品を、極端に多く摂取している。
    コレステロールは、卵などにも多く含まれているため、「毎朝卵を2個ずつ食べる」とうい方は、カロリーはオーバーしていないのに、コレステロールだけが高くなることもあります。まずは、コレステロールを多く含む食品を控えましょう。
    ★他の病気が原因でコレステロールが高くなる。
    腎臓病や甲状腺機能低下症になると、コレステロールが高くなることがあります。思い当たる原因がない場合は、医師に相談しましょう。
  • コレステロール値が高くなる原因に遺伝はあるの?対処法はある?
    あります。コレステロールが高くなる病気には、『家族性高コレステロール血症』というものがあり、これは遺伝的にコレステロールが高くなる病気です。
    家族性高コレステロール血症の人は、とくに動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞になる危険性が高いので、早期に治療を開始しましょう。
  • 手っ取り早くコレステロールを下げたい!何が効果的?
    コレステロールを下げるために効果的なのは、軽い運動と食事療法の継続です。
    しかし、コレステロールの80%は自分の体の中で合成しているので、運動や食事に気をつけても劇的に半分になることはありません。
    2~3ヶ月、運動や食事療法をしてもコレステロールが下がらない場合には、薬による治療も考える必要があります。