トップページ(健診結果の見方)胸部レントゲン:あなたの値について
胸部レントゲン
胸部レントゲンの有所見率について

胸部X線の結果について

  • リスク高
    先延ばしにせず、病院を受診してください!
    今回新たな陰影があった人、去年までの陰影が拡大している場合は、さらに詳しい検査が必要です。 また、このような自覚症状がある場合は、肺か気道の病気の可能性があります。

    呼吸器症状:胸の痛み、息切れ、せき、喀血、喘鳴(呼吸時に出るぜいぜい・ひゅうひゅうという音)、喘音(息を吸うときに聞かれる高い音) 全身症状:発熱や脱力感、疲労感、悪寒(寒気がする)、倦怠感(体がだるい感じ)

    陥りやすい病気

    脳卒中 肝硬変 慢性腎臓病
    メインとなる保健指導
  • .
  • リスク低
    最高血圧159以上最低血圧99以上
    「所見あり」でも、以前からある陰影の場合は、問題のないことがほとんどです。
    毎年1回の定期健康診断で経過観察をしていくことになります。 ただし、胸部X線検査では発見されにくい「肺癌」もあります。気になる症状があれば受診しましょう。

    再検査の指示を無視して放置していると…

    「所見あり」でも、以前からある陰影の場合は、問題のないことがほとんどです。
    毎年1回の定期健康診断で経過観察をしていくことになります。 ただし、胸部X線検査では発見されにくい「肺癌」もあります。気になる症状があれば受診しましょう。


    生活習慣の改善ポイント(クリックで詳細ページへ)

    禁煙