トップページ(健診結果の見方)血液検査:生活改善ポイント
赤血球
血液検査の有所見率について

生活改善ポイント

無理なダイエットは貧血の大敵です。適切なカロリー摂取を心がけるだけで、自然と鉄分の摂取もでき、貧血の改善に役立ちます。まずは食事を見直すことからはじめましょう。

食事

鉄欠乏性貧血では、食事療法が有効です。
ただし、鉄剤の内服を指示されている方は、食事だけでは回復しないレベルです。内服を自己判断で中止しないようにしてください。
最近は痩せの女性が多いですが、食事量が少ないとやはり鉄分の摂取も少なくなります。肌がカサカサになったり、髪もパサパサと美容面にも影響します。栄養バランスのとれた食事が大切です。




運動

適度な運動は、新陳代謝を促し、赤血球やヘモグロビンの産生が活発になります。また、内臓の働きも良くなり、鉄分の吸収が高まる作用があります。ただし、激しい運動は厳禁です!自覚症状がなくても体にはかなりの負担がかかっています。無理のない程度で活動し、十分な休息・睡眠を心がけましょう。


禁煙

貧血と喫煙は、一見あまり関係がなさそうに感じますが、そうではないんです!喫煙によるニコチンは、ビタミンCを破壊したり、胃酸の分泌を抑えてしまいます。ビタミンCや胃酸は鉄分の吸収に大きく関係しています。 また、造血作用に関係するビタミンB12も減ってしまうので、赤血球の産生が減り、貧血がさらに進行してしまいます。 喫煙をおすすめします。