トップページ(健診結果の見方)脂質代謝:生活改善ポイント
HDLコレステロール
脂質代謝の有所見率について

生活改善ポイント

食べ過ぎと運動不足の生活を見直しましょう。コレステロールの多い食事や脂っこい食事・甘いものを控えましょう。また、食事内容だけでなく、摂取カロリー・摂取時間の改善も必須です。

食事

脂肪分をたくさん食べると、もちろん血液中の脂質は増えます。
肉や乳製品の動物性脂肪は、LDLコレステロールを増やし動脈硬化を促します。 調理する際には、なるべくゴマ油やオリーブ油を使いましょう。




運動

運動を継続して行うと、LDL(悪玉)コレステロールを下げ、HDL(善玉)コレステロールを上げる効果があります。 また、運動することで血流が良くなり、筋肉の中の脂肪を分解する酵素が増え、中性脂肪が下がります。 中性脂肪が下がると、HDL(善玉)コレステロールが上がります。


禁煙

禁煙をすると、血液の中の脂肪酸の濃度が下がり、 中性脂肪が下がっていきます。また、HDL(善玉)コレステロールが増え、 LDL(悪玉)コレステロールが減ることもわかっています。 


節酒・禁酒

大量のアルコール摂取は、中性脂肪を上昇させ、肝臓に障害を引き起こす可能性があります。 肝臓が障害されると、コレステロールを調節する機能が正常に働かなくなります。すると、中性脂肪が高くなり、HDLコレステロールが下がるという、動脈硬化が進行してしまう状態になります。