トップページ(健診結果の見方)心電図:あなたの値について
心電図
心電図の有所見率について

あなたの値について

健康診断での心電図は数分で終了します。 異常ありの方は、その異常がどのようなものか改めて判断する必要があります!!心電図の異常は、健康な人でもよくあることなので、落ち着いて受診しましょう。


健康診断で心電図検査異常を指摘された方は、内科や循環器内科を受診してください。
負荷心電図やホルター心電図、心臓超音波検査などが行われます。
★負荷心電図

エアロバイクやルームランナーで運動をしながら、心電図をとります。心肥大や冠動脈の血流を調べます。
★ホルター心電図
小型の心電図測定器を装着して生活します。24時間の不整脈の頻度や胸痛時の心電図変化を調べます。
★心臓超音波検査
胸部にゼリーを塗り、上から超音波を当てて検査します。心臓の大きさや動きをチェックします。

  • リスク高
    心電図リスク高
    先延ばしにせず、少なくとも今週中には病院を受診してください!
    心筋症・心筋梗塞・心臓弁膜症などの心疾患があるか、過去に知らないうちに心筋梗塞等になっていた可能性が強く疑われます。
    過去に心筋梗塞等があった場合は慢性の心不全になる可能性もあります。 すぐに治療が必要な場合もあるので、早急に詳しい検査をしてください。

    陥りやすい病気

    肝硬変

  • .
  • リスク中
    最高血圧179以上最低血圧109以上
    心筋症・心筋梗塞・高血圧・慢性閉塞性肺疾患等の可能性が疑われます。
    特に高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、心疾患等の既往がある方は要注意です。
    状況によっては、リスク高と同じように、すぐに治療が必要な場合もあります。 先延ばしにせず病院を受診してください。

    再検査の指示を無視して放置していると…

    突然死の原因となる病気
    心電図の異常が、ストレスや疲労・喫煙の場合は問題ありません。
    ただし、再検査や要精密検査の指示がでているにも関わらず、放置していると、いつ危険な不整脈がでるかわかりません。 最悪のケースは死に至ります。
    このような突然死の約80%は心臓や脳の血管が詰まったり、破綻することが原因です。
    心電図からの警告を無視していると取り返しがつかないことになりますよ。
  • .
  • リスク低
    最高血圧159以上最低血圧99以上
    健康な人でもみられることがあります。 病的な意味がないことが多く、体格や年齢などによりこのような心電図波形がでることがあります。
    毎年の定期健康診断で経過観察していきましょう。 ただし、胸部症状などの自覚症状がある場合には、病院を受診してください。