知っていますか?正しい手洗い・うがい・マスクの使用方法

  健康管理, 雑学  


Q.
感染症予防のために、手洗い、うがい、マスク着用を毎日していますが、正しくできているのか不安です。
正しい方法を教えてください。

【解説】

A. 手洗い、うがい、マスク、それぞれに正しいタイミング、使用する物品、手順があります。
正しい方法でなければ感染症予防の効果がなくなってしまうことも……。
せっかくやるなら正しい方法できちんとやりましょう。

正しい手洗い

・手洗いと手指消毒のタイミング

① 外出から帰ったとき
② 電車や公共の施設など人混みに行ったあと
③ 飲食の前(間食も含む)
④ トイレのあと
⑤ 不潔なもの(ゴミや汚物など)に触れたあと
⑥ 生肉・生魚・卵に触れたあと
⑦ 咳やくしゃみをしたあと
⑧ 咳やくしゃみをしている人に接したあと
⑨ 動物に触れたあと
⑩ マスクの着用前・着用後

・手洗い前の確認

① 爪は短く切りそろえられている
爪の間に菌やウイルスは入り込みやすいです。
手洗いで除去するのが難しい箇所でもありますので、爪はしっかり切りましょう。

② 指輪やブレスレット、腕時計は外してから手洗いをする
アクセサリー類の間にも菌やウイルスは入り込みやすいです。
隅々までしっかりと洗うために、アクセサリーは外しましょう。

・手洗いに用いるもの

① アクセサリーや腕時計を外し、袖を肘の上まで捲り上げる
② 流水で手をよくすすぐ
③ ハンドソープを手に取る
この際容器のプッシュ部が不潔になりやすいので、手のひらではなく手首で押すか、手をかざすと自動でハンドドープが出てくるタイプのものを使うのがおすすめです。
④ 手のひら、指のひらを洗う(指の先の方までしっかりと)
⑤ 手の甲、指の甲を洗う(指の先の方までしっかりと)
⑥ 指の間を洗う
手のひらと手のひらを重ね合わせて洗うだけの方が多いですが、指の間の汚れは手のひら側だけでなく、手の甲側にも付いているので、手の甲と手のひらを重ね合わせた形でも洗うようにしましょう。
⑦ 親指と親指の付け根のふくらんだところを洗う
忘れられがちな親指も、反対側の手のひらでくるむようにしてしっかりと洗いましょう。
⑧ 小指の外側を洗う
ここも忘れられがちなので、しっかりと洗いましょう。
⑨ 指先・爪先を洗う
汚れがたまりやすく、洗い残しも多い箇所なので、ブラシを用いて爪先。、爪の付け根までしっかりと汚れを落としましょう。
ブラシがないときは手のひらに爪を立てるようにして爪先の間を洗うほか、爪の付け根まで反対側の指でごしごし洗うとよいでしょう。
⑩ 手首を洗う
できるだけ肘の近くまで、内側、側面、外側と腕回りを一周網羅できるように洗います。
⑪ ④~⑩をもう一度繰り返す
⑫ 流水でハンドソープをしっかりと洗い流す
このときせっかく洗った指先に汚れた水が流れていかないよう、可能であれば指先を上に向け、肘側に水が流れていくように洗うとベストです。
⑬ ペーパータオルで完全に水分を除去する
⑭ アルコール入りの手指消毒剤で消毒する
手のひらにとったらまずは指先を消毒剤に漬け込むようにするか、指先に揉みこむようにして指先を消毒し、手のひら、手の甲、指の間、親指、小指の外側、手首、と手洗いと同じ順番で、消毒剤が乾くまでよく擦りこみましょう。

正しいうがい

・うがいのタイミング

① 外出から帰ったあと
② 電車や公共の施設など人混みに行ったあと
③ 食事の前後(間食も含む)

・うがいに用いるもの

① 清潔なコップ
うがいに使うコップが汚れていたのでは意味がありません。
② 水・緑茶・無糖の紅茶・うがい薬
緑茶やうがい薬は効果が高いですが、水だけでも充分な効果が得られます。
ただしうがい薬を用いる際はアレルギーがないかを必ず確認してください。

・うがいの手順

① まずはしっかりと手洗い
② 強めのブクブクうがいで口の中をゆすぐ
先にガラガラうがいをすると口の中に残っていたウイルスや食べかすなどの不潔なものを喉に流し込んでしまうことになるので、必ずブクブクうがいからやりましょう。
③ 最低3回、15秒のガラガラうがいをする
喉の奥まで水が入るように意識しながらおこないましょう。
「オー」と声を出し、喉を震わせながらおこなうことも効果的です。

正しいマスクの使い方

・マスクの効果

マスクはすでに感染症に罹患している人が着用すると、咳やくしゃみなどの飛沫が飛び散るのをガードでき、周囲の人に感染させてしまうことを防ぐ効果は認められています。
しかし、健康な人が着用して感染を予防できるという科学的根拠はありません。
ただし、自分の顔をさわるクセのある人は、マスクによって鼻や口などの粘膜に手で直接触れることを避けられるため、感染症予防の補助にはなります。
手洗い・うがいを欠かさないことを前提に、補助的に活用することがおすすめです。

・一般的なマスクの素材

① ガーゼ
保温性・保湿性に優れていますが、感染症予防効果は高くなく、また使い捨てタイプではないため、衛生上あまりおすすめしません。
咳やくしゃみが出ていないときに、睡眠時の乾燥対策として使うことはよいでしょう。
ただし、毎日洗い替えすることをおすすめいたします。

② 不織布
一般的な使い捨てマスクです。
飛沫の拡散を充分に予防でき、安価で交換しやすく衛生的であるため、日常使いにおすすめです。
プリーツ型と立体型の2種類ありますが、いずれも効果は変わりませんので、ご自身が楽に着用できるタイプを選ぶとよいでしょう。
最近は加湿フィルター入りのマスクもありますので、喉が痛いときや、喉が乾燥しやすい睡眠時に活用するとより効果的です。

・マスクの交換頻度

衛生上、最低でも1日に1回、できれば午前と午後を目安に2回交換しましょう。
ただし人混みや、感染症患者の多い病院などで着用したマスクは、汚染の度合いが高いと考えられるため、できるだけ速やかに廃棄し、随時新しいものに交換することをおすすめします。

・マスクの着脱方法

① まずはマスクを汚染させないため、着用前には必ず手洗いをする。
② マスクの上下・表裏が正しいかを確認する。
ワイヤーが入っている方が上(鼻側)かつ、プリーツの山が下(顎側)になる状態が正しいです。最近はマスクに書いていることもあるので、確認するようにしましょう。
③ マスクの内側(自分の顔側)にむやみに触れないよう、マスクの端を持って顔に当て、マスクの外側(表面)から鼻・口・顎までしっかりと覆う。
④ 鼻部分のワイヤーを鼻にフィットさせる。できるだけ隙間ができないようにする。
⑤ 顔にしっかりとフィットしたら、ゴムひもを耳にかける。
⑥ 着用中はマスクの表面に触れないようにする。
⑦ 外すときはマスクの表面に触れないように、耳のゴムひもだけを持って顔から外す。
そのままゴムひもだけを持って、蓋付きのゴミ箱もしくは密閉できるビニール袋へ捨てる。
⑧ マスクの廃棄後は手指が汚染されている可能性があるため必ず手洗いをする。

これまでちゃんとやっていたつもりの手洗い、うがい、マスクの着用、正しくできていなかったという方が多いのではないでしょうか。

余談ですが、筆者はこちらの正しい感染症予防をおこなうこと10年、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症にはまったく感染しておらず、元気そのものです。
また会社としてできることは、正しい手洗い・うがい・マスクの使い方を周知し励行すること、こちらでご紹介した必要物品を会社に備え付けておくことがあります。
皆さまも正しい感染症予防で、元気に冬を乗り越えましょう。

 

保健師 北原

保健師 北原

毎日元気に生き生きと!を目標に、健康に関する情報を配信していきたいと思います!

コメント・ご質問フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。