夏を元気に乗り切る!夏バテ予防のポイント

  健康管理  

夏を元気に乗り切る!夏バテ予防のポイント

Q.毎年梅雨が明けると、ぐんと気温が上がって暑くなり、夏バテしてしまいます。身体もだるく、食欲も出ません。夏バテを予防するにはどうしたらいいでしょうか。

A. 夏バテの原因に、一つひとつ対処していきましょう。ポイントは「温度管理・食事・休養」です。

夏バテに明確な定義はありませんが、一般的には「夏の高温多湿の環境による自律神経の乱れから起きる、倦怠感や食欲不振などの身体の不調全般」を指すことが多いようです。
症状として、上に挙げたもののほかにも、めまいや体の熱っぽさ、不眠症状やイライラするといった、身体だけでなく心の不調を感じることもあります。
夏バテの原因と対処法をチェックしていきましょう。

夏バテはなぜ起こる?

夏バテによる身体の不調の原因は、主に3つあるといわれています。

1. 冷房の効いた室内と屋外の急激な温度差

お店やオフィスでは寒いくらいエアコンが効いているのに、屋外に出るとむわりとする暑さを感じたことがある方も多いでしょう。
屋内と屋外を行き来する間、身体はその都度体温を一定に保とうと自律神経をコントロールします。
何度も調節しようとするうちに自律神経をつかさどる脳が疲弊し、身体に疲労感をもたらすといわれています。

2. 発汗による脱水・ミネラル不足

暑い時期に汗をかくことは、皮膚で水分を蒸発させることで体温を下げるための重要な機能です。
しかし、汗には水分のほか、ナトリウムなどのミネラル、水溶性のビタミンも多く含まれています。
十分な補給を行わないと脱水やミネラル・ビタミン不足が引き起こされ、不調を引き起こします。
ただし、日本の夏は湿度が高く、汗の蒸発が妨げられて体内に熱がこもりやすい気候。
暑さを感じるにもかかわらず発汗量が少ないことも、熱っぽさといった不調の原因です。

3. 睡眠不足

夜間も温度が下がりにくく、寝苦しくてなかなか寝付けなかったり、夜中に暑さで目が覚めてしまうことによる睡眠不足。
十分な疲労回復ができず、倦怠感などの原因となります。

対策としては?

1. 自律神経を整えるために

まず取りたい対策としては、室内外の寒暖差による自律神経の乱れを防ぐため、屋内と屋外の温度差を5℃程度にすること。エアコンの温度調節が難しいオフィスやお店ではカーディガンを羽織ったり、足を冷やさないように靴下を履くのも効果的です。 また、自律神経を整えるために、夜はシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かりましょう。40度を超えない程度の温度で、15分ほどゆっくりと浸かると寝つきもよくなります。

2. 水分・ミネラル補給と、消化しやすい食べ物を

屋内外問わず、のどが渇く前に水分を取りましょう。
一度にたくさん補給すると、体内のミネラル濃度が下がり、かえって体調不良を引き起こすことがあるため、水分補給は少しずつこまめに。塩分を含む飴や飲み物などでミネラル分の補給も合わせて行いましょう。
また暑いからと、冷麺やアイスクリーム、よく冷えたジュースやビールばかりを食べたり飲んだりしていないでしょうか。
夏は冷たいものがおいしいとはいえ、身体を冷やす食べ物ばかり選んでいると、胃腸の働きが弱り、食欲が低下してしまいます。
エアコンの効いた室内では、温かい食べ物を1日1回は摂るようにしたいものです。
また、そうめんや冷うどんなどの単品料理だと、汗で失われやすい水溶性のビタミンが不足しがち。
特に食べ物から摂取した糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1は重要な栄養素です。ビタミンB1は豚肉や豆類、きのこ類などに多く含まれているため、主食だけでなくおかずや副菜もしっかり食べましょう。

3. 休養

日中の疲れを取り、しっかり身体を休めることができるよう、寝室の環境を整えましょう。こちらについては、過去の記事を参考にしてください。

>>蒸し暑い夏、快適に眠る秘訣は?

夏を元気に乗り切ろう

夏は毎年必ずやってくるものでもあり、数カ月は30度を超えるような日が連日続きます。
熱中症予防の観点からも、エアコンの使用は欠かせません。
上手に活用しながら、十分な食事と休養で暑さに負けず夏を元気に過ごすために、夏バテの原因に一つひとつ対処していきましょう。


The following two tabs change content below.
管理栄養士 本多

管理栄養士 本多

毎日元気に生き生きと!を目標に、健康に関する情報を配信していきたいと思います!
管理栄養士 本多

最新記事 by 管理栄養士 本多 (全て見る)