その習慣、本当に効果的?熱中症対策をいまいちど見直しましょう!

  健康管理, 保健師  

その習慣、本当に効果的?熱中症対策をいまいちど見直しましょう!

Q. 暑い季節になると、なんとなく熱中症に気を付けなくてはと思っているのですが、日常生活の中でできる具体的な予防方法はありますか?

A. あります。食事や冷感グッズの使い方などのポイントをいくつかお伝えしていきます。

そもそも熱中症とは?

厚生労働省によると、「高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節 機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態」と定義されています。
高温だけではなく、多湿という言葉も入っていますね。
からだは体温を調節するために汗を出し、その気化熱によって体温を下げようとします。
しかし、外気温と湿度が高い場合、汗が蒸発せず体温調節ができない状態になり、熱が体内にたまります。
その結果、体内のさまざまな臓器に影響を及ぼすのが熱中症です。

ポイント① 徐々に暑さに慣れましょう

暑熱順化」という言葉を聞いたことはありますか?
暑熱順化とは、体が暑さに慣れることです。暑さに慣れていないと熱中症になる危険性が高まります。
暑い日が続くと、次第に暑熱順化していきます。しかし、近年は春でも日中の気温が高く、真夏日となることがあり、そういった時は体が暑さに慣れておらず、熱中症にもなりやすいため注意しましょう。

まずは、体を徐々に暑さに慣らしていくことが大切です。
本格的な暑さの時期を迎える前に、日常生活の中で運動や入浴をおこない、汗をかいて体を慣れさせましょう。

ポイント② とっても重要な〇〇ごはん

熱中症対策において重要なのが、朝ごはんです。
朝ごはんがどうして熱中症予防に関係あるのかと言いますと、私たちの身体は起床時には脱水状態に陥っており、朝起きて飲まず食わずだと、脱水状態のまま一日の活動を始めるはめになってしまうためです。
一日中元気に活動するには、朝ごはんで水分や塩分、糖分をしっかり補給することが大切です。
普段朝ごはんを食べる習慣のない人は、何か口に入れることからはじめてみましょう。

日中に気温の高い直射日光が当たる場所で活動をする場合は、お昼ごはんも重要です。

ポイント③ ひんやりグッズとのつきあい方

気温が上がりはじめると、ドラッグストアの店頭にさまざまなひんやりグッズや冷感グッズと呼ばれるものが並びます。いかにも涼しげなパッケージや商品名など、工夫をこらした商品がたくさんありますね。

暑い季節には、このようなグッズを活用していくのはとても良いと思います。
ただ、熱中症対策としてグッズを使用する際に気を付けていただきたいのは、実際に冷やす(体温を下げる)効果があるのかどうかです。冷たく感じるだけなのか、実際に身体を冷やして体温を下げることができるのかを確認し、適材適所で活用しましょう。

ポイント④ 血圧が気になる方の熱中症対策

血圧やその他の理由から、塩分の摂取量に気を遣われている方が熱中症対策をする際には、どのような点に注意が必要でしょうか。

まずは、暑い環境をなるべく避けるという工夫が大切です。多量に汗をかくと、塩分以外のさまざまなミネラルも失われてしまいます。
できれば高気温と高湿度の場所は避け、涼しい場所で休憩を取るなどして多量の発汗を防ぐのが望ましいでしょう。

しかし、やむをえない場合もありますよね。
高血圧の人の熱中症予防については、日本高血圧学会HPにて以下のようにまとめられています。

①血圧が正常な人も高血圧の人も,水分は十分に摂ることが望まれます。(1日当たり1.2リットルを目安として、何回かに分けてこまめに水分を補給する。)
②高血圧の人は,原則として夏でも適切な減塩が必要で、1日6グラム未満が望まれます。
③高温環境下での作業や運動などで特に発汗が多い場合、水分とともにスポーツ飲料や経口補水液などで塩分やミネラルの補給が勧められます。

しかし、スポーツ飲料での塩分・ミネラル補給については注意が必要です。

スポーツ飲料で補給の際には糖分の摂り過ぎに注意が必要となる場合があります。なお、通常の食事を摂っている方は、意識的に塩分摂取を増やす必要はありません。日頃から減塩を心がけている方や高血圧などで薬を服用中の方は、適切な水分と塩分補給についてかかりつけの先生にご相談下さい。
出所:日本高血圧学会「高血圧の人の熱中症予防について」

暑いからといってさらに塩分補給をすれば塩分過多となり、高血圧の悪化につながります。したがって高血圧症の方は、暑い時期であっても塩分制限が基本です。