過労死の主な死因となる心疾患

  衛生委員会テーマ資料   各種資料集

心筋梗塞などの「心疾患」は、過重な仕事(長時間労働・不規則な勤務・
頻繁な出張など業務に起因する極度の過労やストレス、
長期間にわたる疲労の蓄積など)が原因で発症する場合があります。
これにより死亡した場合は過労死と呼ばれます。

平成26年11月1日より、過労死等防止対策推進法が施行されました。

▼過労死の主な死因となる心疾患(全8ページ) PDFファイル
download.png

各種資料集

各種資料集

ドクタートラストで作成した各種資料集です。 利用規制等はございませんので、お気軽にご利用ください。

コメント・ご質問フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。