シーズン前に予防をしましょう~手足口病~

  保健師, 病気・症状   保健師 川邊

これからシーズンを迎える「手足口病」についてお話をしたいと思います。

Q:手足口病ってどんな病気ですか


A:以下の表に概要をまとめてみました!

関連ウイルス エンテロウイルス・コクサッキー
潜伏期間 3~7日
感染ピーク時期 5月中旬から増加
6月~7月にかけ感染のピーク
感染経路 飛沫感染・接触感染・経口感染
症 状 痒みを伴う水疱状の発疹(口腔内・掌・足底・足背が多い) 発熱
合併症 髄膜炎・脳炎などの中枢神経系障害
心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺 など

 

Q:手足口病って子どもがなる病気ですよね

A. 答えはNOです。

感染症発生動向によると確かに9割が5歳以下の乳幼児に発症しています。
しかし、近年では大人の感染も増加しつつあり、重症化するケースもあります。
大人が感染した場合、子どもが感染した時と異なり、高熱や痒みなど症状が強く出てしまいます。

Q:一度感染したら、もう大丈夫ですよね

A. 答えはNOです。

一度ウイルスに感染し体の中で免疫ができれば、再度症状が再発することはありませんが、手足口病のウイルス(エンテロウイルス・コクサッキー)の中には、種類が多数あります。
別系統のウイルスに感染した場合、再び症状を発症することがあります。

Q:感染しても会社に出勤してもいいですか

A. 手足口病は、出勤停止の義務はありません

痒みが強い場合や発熱があると、なかなか仕事に集中できません。
主治医や産業医、勤務先などと相談しながら、出勤を決めていきましょう。
また、こまめな手洗いやマスクの着用をし、自分が感染源とならないよう予防も大切です。

 

手足口病は、感染を防ぐ予防接種もなく、感染してもウイルスに直接的な薬剤はありません。
そのため、治療は痒みを抑える、熱を下げるなどの対象療法がメインとなります。
また、エンテロウイルスはアルコール消毒への抵抗性が高いウイルスとされています。
石鹸を使用した手洗い・うがいをこまめに行い、感染シーズン到来の前に予防を心がけましょう。


<参考>
・ 「手足口病とは」(国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/441-hfmd.html
・ 「手足口病に関するQ&A」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html

 

保健師 川邊

保健師 川邊

これまでの医療経験を生かして、皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います!
保健師 川邊

最新記事 by 保健師 川邊 (全て見る)


コメント・ご質問フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。