健康診断の正しい受け方

  その他, 保健師, 健康管理, 総合情報   保健師 林

新しい年度を迎え、4月~5月にかけて健康診断を行う企業様も多いのではないでしょうか。

健診の案内書を手にとっては、「もうこんな時期か。1年て早いなぁ」などと考えてしまうのですが、この年に1度のイベント(人によっては年に数回受ける方もいらっしゃいますね)、実は「受け方」一つで結果に影響を及ぼすことがあるということ、皆さまご存知でしたか?
日頃の健康管理はもちろん大切ですが、健診受診の前日・当日の過ごし方には特に注意が必要です。自身の健康状態を正しく評価してもらうために、ここでは気をつけて頂きたいポイントをご紹介します。

前日・当日の食事制限

配布される案内書で、「見たことがない」という方はまずいらっしゃらないでしょう。
それだけ、健診を受けるにあたり重要な制約といえるのが、こちらの注意事項です。
一般的には10時間の絶食が望ましいとされていますが、医療機関からの案内書では「朝食を抜いてください」「前日の○時までには夕食を済ませてください」といった記載がありますので、お手元の注意事項に従いましょう。

なぜ、『空腹』で受ける必要があるのか?

食事をとることで影響を受けてしまうのが、「血液検査」です。
ほか、前日の飲酒も同様に検査値へ影響を及ぼしますので、毎晩お酒を飲む習慣のある方はご注意下さい。

<検査値への影響>
※それぞれ、以下項目の数値が高めに出てしまうことがあります。

■ 検査前の食事⇒中性脂肪、空腹時血糖

■ 飲酒⇒肝機能、尿酸、中性脂肪、空腹時血糖

空腹時血糖は、その項目名からもわかる通り、空腹状態での血糖値を調べるものです。
そのため、空腹時の数値を判断指標にしているので、食後の満腹状態では高い数値が「異常値」と判断され、糖尿病の疑いとして再検査判定を受けてしまうことに。

血糖値に限らず、上記項目でせっかくの検査が無駄になってしまわないよう、予め影響要因に注意する必要があります。
またバリウム検査、内視鏡検査、腹部超音波検査を予定の方は、内容物があると検査の精度が落ちてしまうため、絶食が守られていない場合は検査が受けられません
このような場合は、自己申告を!
検査結果への影響を考慮するため、また安全な検査実施のため、以下に該当する方は受診時に医療機関スタッフへお伝え下さい(事前の問診票に、記載事項としてもうけられている場合は、漏れなく記入しましょう)。

● 通院中・治療中の病気がある(病名、使用中のお薬など)

● 既往歴・過去の手術歴

● (女性の場合)妊娠中・生理中の有無

● アレルギーの有無

● 採血をして、具合が悪くなったことがある

⇒採血中の気分不快については、過去のこちらの記事をご参照下さい。

気をつけたい、検体の『自己採取』

医療機関や受診コースによっては、事前に検査キットが配布され、自己採取し当日持ちこみとなるものもあります(尿・便検査、喀痰検査、子宮頚部細胞診など)。

これらは、採取方法や容器の取り扱い、保管方法が不十分だった場合、正しい判定ができず再検査となることもあります。

特に、婦人科の子宮頚部からの自己採取は、自身でも見えない部分となるため、目的の場所からきちんと採取されていないことや、検体不十分から偽陰性(病気があるのに「異常なし」)と出ることが多いのです。

もし、自己採取と医師採取のどちらか選べるようでしたら、ぜひ「医師採取」を選ぶことをお勧めします。

万全な状態で受けるために

予約時間ギリギリの駆け込み受診、ご経験ありませんか?

急いで走ってきては、血圧が高めに出てしまうことがあります。

余裕をもった到着で、待合室で一呼吸、二呼吸するゆとりを持ちたいものですね。

「いやいや、自分は余裕をもって到着したから、ひとまず一服休憩してくるよ」

いえ、それもいけません!喫煙によって血管収縮が起こるため、同じく血圧上昇を招きます。

ほか睡眠不足や前日の残業、過度の疲労なども、検査結果へ影響し、稀に検査中の気分不良に繋がることもあります。

年に1~2回の限られた機会。

健診直前で、特別な生活を意識する必要はありませんが、上記注意点に留意して受けるよう心がけましょう。

保健師 林

保健師 林

臨床経験や健診業務での経験を生かし、社員の皆様がどのような環境で働き、健康観やライフスタイルはどういったものをお持ちかなど、広い視点で関わりができるような保健師を目指しております。

コメント・ご質問フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。


*