『白衣高血圧』の逆 !?

  保健師, 病気・症状   保健師 大久保

『白衣高血圧』は、自宅で血圧を測定すると正常なのに、医療機関で測定すると高くなることをいいます。それに対して、医療機関で測ると正常なのに、自宅で血圧を測ると高くなることを、『仮面高血圧』と言います。

『仮面高血圧』の原因は何でしょう?
自宅の血圧計が壊れていたり、測り方が悪いからと思っていませんか?
そうではなく、実際には高血圧にもかかわらず、たまたま病院で測ったときは低く出ただけのことが多いのです。

では、本当に怖いのは『白衣高血圧』と『仮面高血圧』のどちらなのでしょうか。

『白衣高血圧』は、普段は血圧が高くないのに、一時的に血圧が上昇している状態です。実は、一時的に上昇するこの状態が危険なのです。高血圧以外の要因で、動脈硬化が進んでいる場合、一時的な血圧の上昇でも、血管が切れて脳卒中などを発症する危険性かあります。

逆に『仮面高血圧』は、本当は高血圧なのに病院に行くと血圧が低めに出るため、高血圧の診断や治療が遅れる可能性があります。「ある日、いきなり倒れて病院に行くと、血圧がものすごく高かった」という例もあります。

つまり、『白衣高血圧』も『仮面高血圧』も両方とも危険ということです。

では、どうすればいいのかというと、普段から血圧を測る習慣をつけましょう。
自宅での血圧を、毎日測ることで高血圧の早期発見につながります。また、血圧を測る習慣をつけることで、自分がどのような時に血圧が上がるのかを知ることが出来ます。

保健師 大久保

保健師 大久保

今までの産業保健経験を生かし、企業様の状況と要望に合わせた、きめ細かい対応を心がけて頑張ります。 企業の健康のために、皆さんと一緒に産業保健を作り上げていきたいと思います。
保健師 大久保

最新記事 by 保健師 大久保 (全て見る)


コメント・ご質問フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。